Production of paper web

ペーパーウェブの製造方法

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a production technique of raw paper, especially for making woodfree paper by using a mechanical pulp prepared from aspen in papermaking. SOLUTION: The pulp is formed of a fibrous raw material and a web is formed from the pulp and dried on a papermaking machine. The pulp is formed of crushed wood raw material of the genus Populus bleached with a peroxide and pH of the mechanical pulp is set to 6.8-7.2 and conductivity of the pulp is set to 1,000-1,500 μS/cm. Hypersensitivity of papermaking process to disturbance can be decreased by using relative low pH value and narrow pH value. The mechanical pulp of aspen is combined with a chemical pulp and high electroconductivity is imparted to the mechanical pulp on the papermaking machine and stability of wet end of the machine is improved and dehydration is smoothly carried out and the resultant paper is used for production of base paper for woodfree paper.
(57)【要約】 【課題】 本発明はペーパーウェブを準備するプロセス に関する。 【解決手段】 本発明のプロセスによれば、パルプは繊 維状原材料から形成され、このパルプからウェブが形成 され、製紙機械上で乾燥される。本発明によれば、この パルプは過酸化物で漂白されたPopulus 属の砕木原料か ら形成され、このメカニカルパルプの原料のpHは6. 8〜7.2に設定され、機械のpHは7.1〜7.5に 設定され、パルプの導電度は1000〜1500μS/ cmに設定されている。比較的低いpH値と狭いpH範囲 を用いることによって、製紙プロセスの外乱に対する過 敏性を減少させることができる。本発明によれば、アス ペンのメカニカルパルプは化学パルプと組み合わされ、 これによってメカニカルパルプは製紙機械上で高い導電 性を与えられ、機械の湿潤端の安定性が向上し、且つ脱 水が円滑に行われて上質紙の基礎紙の製造に使用され る。

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (5)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle
    JP-2003049385-AFebruary 21, 2003Nippon Paper Industries Co Ltd, 日本製紙株式会社Newsprint paper
    JP-2003049386-AFebruary 21, 2003Nippon Paper Industries Co Ltd, 日本製紙株式会社Printing paper
    JP-2006307370-ANovember 09, 2006Oji Paper Co Ltd, 王子製紙株式会社コールドセット型オフセット用新聞用紙
    JP-4517933-B2August 04, 2010王子製紙株式会社コールドセット型オフセット用新聞用紙
    JP-4738662-B2August 03, 2011日本製紙株式会社新聞用紙